七工匠 7Artisans 35mm F1.2 を買った

Sony FX3 のスペックを見て「やっぱり動画では動物瞳AFが使えないのか…」と残念がる一方で、MFレンズを買った。

X-E4 のことを調べていたときにこのレンズのことを知って、この小ささで F1.2 ってどんな感じなんだろうと思って即購入。
いろんなマウント用が出ているけど、わたしが買ったのは X マウント用。
お値段は 20,000 円。


X-A5 に装着して3日ほど使ってみたけど、かなり気に入ってしまった。
カメラ沼に入った頃は「シャープ == 高画質」と思っていたけど、だんだんソフトな映りを好むようになってきたところに、このレンズのゆるさ、ゴースト、フレアの出方がすごくいい。
f:id:gae:20210225085106j:plain:w600
f:id:gae:20210225085614j:plain:w600
f:id:gae:20210225085451j:plain:w600
f:id:gae:20210227132512j:plain:w600
f:id:gae:20210227122108j:plain:w600
f:id:gae:20210226075318j:plain:w600

X-A5 はボディ内手振れ補正がないんだけど、F1.2 だと暗い室内でもわりといけますな。
実際はこんな見た目の暗さだけど(F1.2, 1/56秒, ISO3200)
f:id:gae:20210226235518j:plain:w600
こんな感じで簡単に撮れたり。(F1.2, 1/5秒, ISO3200)
f:id:gae:20210226235453j:plain:w600
1/5秒だとさすがに手振れしやすいけど、座って撮れば大丈夫。

f:id:gae:20210226223552j:plain:w600
f:id:gae:20210224231712j:plain:w600

動いているものや、ゆっくり撮れないものは無理だけど、家でネコ撮るときはだいたい止まってる状態なので、MFレンズでも結構とれるもんですな。
あと、解放からシャープにうつるレンズだと、少しでもピントを外すと急に「失敗写真」に見えてしまうけど、このレンズだと「だいたい合ってればOK」という感じがするのも良い(笑)


J Limited 01 と HD化された FA Limited レンズ


お値段が30万円以上で K-1 の倍くらいするのと、いまこれを手にしたとして、何年使うだろうと考えると買いにくい。
いまは何も情報がないけど、K-1 III だってそのうち出るんじゃないかと思っているから。発売はされなくても発表は1~2年のうちにあるでしょう?w
EOS R6 を買ったいまも K-1 の方をよく使ってしまうんだけど、K-1 III なんて出たらさすがに K-1 の居場所がなくなりそうで。
もしも J Limited 01 を買ったら K-1 は手放すだろうけど、それもちょっと寂しい感じがする。
あと、気になってるのがアクセラレーターユニットの影響。アクセラレーターユニットがない K-1 と、ある KP や GR III の画像を比べると、説明はできないけど悪い影響を与えているという印象がある(笑)



f:id:gae:20210227081433p:plain:w400
こちらも買うか悩む。31, 43, 77 全部持っているけど、ほとんど 31 しか使っていない。買うとしたら 31 だけかな。
でも 31 のうつりは気に入っているし、HD になって変わるのも怖い。
お値段は古い smc 版が最安で 90,000円、新しいHD版が124,000円。

PENTAX K-3 III は動画でボディ内手振れ補正が使えそう

PENTAX K-1 や KP はボディ内手振れ補正がついているけど、動画では電子式の手振れ補正しか使えなかった。
しかも電子手振れ補正を使うと、画面におかしな歪みや揺れが起こって、見れたものではなかった。
↓むかし YouTube に up した動画
www.youtube.com

ところが、今日公開された動画を見ていると意外な情報が。
www.youtube.com

駆動機構の改良による静音化で、動画撮影中の光学式手振れ補正にも対応しております

何回も聞きなおしてしまった(笑)

この動画では触れられていないけど K-3 III は4K動画も撮れるらしい。
K-1 や KP は解像度はフルHDでも解像感がまったくないなくてモアレもでまくりの残念な画質だったけど、それがどこまで改善されているかも気になるところ。
SonyFujifilmのようにしっかり4Kらしい画質で撮れたらいいな。

背面モニタがチルトじゃないから私は買わないと思うけど、はやく K-3 III で撮られた動画を見てみたい。

しょぼいカレンダーのアップデート後にmAgicAnime.NETの機能が一部動作しない件

通報いただきました。

mAgicAnime.NETのアニメ録画の追加・編集ウインドウで番組一覧のリストが取得できなくなりました。
TIDを手打ちすれば放送局・各話の放送時間・サブタイトルは取得できています。

なんと。

ソフトをダウンロードしてみたら更新日が2010年。ソースもあるので中身を確認すると、/list や /tid/*/time のHTMLを解析さているようだった。
まず /list の解析の内容を見たかぎりでは、問題なさそうに見えたけど動かないってことはどこかに問題があるんでしょうな。

派生版もいくつかある模様。普通にユーザー目線で考えればしょぼいカレンダー側で対処すればいい話ではあるけど、PHP 5.3から7.4に対応する過程でHTMLの出力部分も結構修正した部分が多くて、単純に古いコードに戻せばいいということになもならない。

どう対処するか悩む。

追記

とりあえず User-Agent で 2.0.15 以下の場合に、mAgicAnime.NET 向けのHTMLを出すようにして対処。

f:id:gae:20210222211301p:plain
mAgicAnime.NET のアクセスの集計

しょぼいカレンダーをアップデートした

さわると壊れそうで、修正したくでもできない状態が長く続いていたけど、「WSL」や「Docker」といった開発環境の変化のおかげで、アップデートすることができた。

とりあえず新しい環境で動くようにすることはできたが、中身はなかなかひどい。当時はPHPを使い始めたばかりで、Webサービスが簡単に作れることに感動した勢いだけで作ったものだから。まぁ今作ってもそんなに良くはならないだろうけど、多少はマシになるようにこれから少しずつ修正していく予定。

しょぼいカレンダーは今から利用者が増えるようなサービスではなくて、昔から使っている少数の人だけが使ってくれているサービスだと思う。
そういう人にとって、これから私がしようとしている修正は「いま普通に使えてるんだから、余計なことしないでくれ」と思われるかもしれないけど、どうか怒らないで受け入れて欲しいと思います(笑)

帰省用に買ったPCを取り寄せた

2019年末に買ったノートPCを実家から送ってもらった。
gae.hatenablog.com
買ってすぐにコロナで外出できなくなったせいで、「帰省した時用のPC」がまる一年箱に入ったままになっていた(笑)

最近、休日に長時間プログラミングすることが多いので、机と椅子がある場所にあるサブPCを使っているんだけど、これのスペックが低い。低いといってもネットや動画見るなら問題ないし、軽いゲームならプレイできていたんだけど、プログラミングするとメモリ8GBというのが厳しい。

それで新しいPCを買うことも考えたけど、「帰省した時用のPC」があることを思い出したので母に送ってもらった。
f:id:gae:20210213214558j:plain
こんな感じで机の下に設置。
今日1日使って、めっちゃ快適。
実家で使ったときはファンの音が気になったけど、自宅だとほとんど気にならなかったのは意外だった。やっぱり田舎で使うPCはファンレスがいい。
メモリは16GBだけど、これだけあればとりあえず大丈夫...
f:id:gae:20210213214739p:plain:w400
と思ったけど、意外と使い切っていた。